寝転ぶセクシーな女性

バルトレックスとゾビラックス

喜んでいる人の笑顔

ヘルペスの薬として有名なのはゾビラックスという薬です。
ゾビラックスは水疱瘡などの症状にも使われる薬で、ヘルペスにも高い効果を発揮します。
ゾビラックスはヘルペスウイルスの根絶はできないのですが、増殖を抑えることによって症状が悪化しないようにしてくれます。
症状の初期段階で使用することによって、痛みを最小限にとどめてくれるので、有効に活用しましょう。
ゾビラックスは幼児の水疱瘡治療にも使われる薬なので、安全性も非常に高いといえます。安全に治療を行いたい方は、ぜひとも使ってみてください。

ヘルペスの薬にはもう一つバルトレックスというものもあります。
実はこれはゾビラックスの改良品といえるもので、ゾビラックスよりも使いやすい薬になっています。
ゾビラックスは安全性も効果も高いのですが、効果時間が非常に短いので1日に5回も服用する必要があります。
かなり頻繁に飲まないといけないので、ついつい飲み忘れてしまうことが多くなります。ただ、飲み忘れてしまうと、とたんにヘルペスウイルスが増殖してしまうので、非常に面倒でした。
この欠点を改善したのがバルトレックスという薬です。
バルトレックスはゾビラックスよりも有効成分の吸収効率を高めたものになりますので、1日に2~3回の服用で十分な効果を発揮してくれます。
この回数なら一般的な薬と同じくらいなので、飲み忘れも少なくなります。飲み忘れが少なくなるということは、それだけ治癒が早くなるということでもあるので、今はゾビラックスよりもバルトレックスが使われることが多いです。

この2つの薬は飲み方が異なるだけで、同じような効果が期待できます。
飲み忘れさえなければゾビラックスも高い効果が期待できますので、薬の価格なども考慮しながらどちらの薬を利用するかを決めましょう。